スタッフブログ
staff's weblog

賃貸管理業務の記事一覧

入居者様に快適な毎日を送っていただけるよう、スタッフは東奔西走しています。見かけたら、ぜひお気軽にお声がけください!

台風での損害、責任は問われるの?

皆さんこんにちは。
賃貸メンテナンスチームの神山です
賃貸管理部での2回目のブログとなります。

日常業務の中で、退去立会い→原状回復を行うことが多く、
今回はあまり皆さんの知らないであろう「原状回復」についてお話をしようと思っていました。

そこへこの、25年ぶりという台風の通過です。
表題のようなタイトルにして皆さんと一緒に考えてみようということにしました。

埼玉でも相当な強風が吹き荒れ、怖い思いをされた方が多いと思います。
朝になってテレビをつけたら、関西方面ではそれよりもっと多くの被害があったことがわかりました。
皆さんもご覧になりましたか?
フェリーが桟橋にくっついてしまっている映像や、
橋の上でトラックが横倒しになってしまう映像など

弊社でも雨戸が飛んでしまったとか、

駐輪場の扉が故障してしまったとか、

あ、今また連絡が入りました。

ナント屋根が飛んでしまった!?という情報です。

中断して現地を確認してきます!

さて、一日いろいろなところの台風対応を終えて戻ってきました。

 

kt180905-door
自転車置場の扉が強風で外れてしまっていた物件!

 

kt180905-yane1
倉庫の屋根の一部が吹き飛んでいました!

 

kt180905-yane2
こちらも廊下の屋根にあたる波板が吹き飛んでしまっていました!

 

こういう被害が建物だけで終わればまだ良いのですが、

例えば入居者さんに当たってケガをさせてしまったり、

通行人の方にケガをさせてしまったとしたら、

オーナーさんは賠償責任を負わなくてはならないのでしょうか???

 

台風のような自然災害の場合、基本的には賠償責任を負う必要はありません。

ただし例外もあって、建物をきちんと整備しなかったことにおける過失が大きかったりすれば

この限りではありません。

建物にかかっている火災保険(風災対応)では、建物の被害を保証してもらうことはできますが

それ以外の賠償責任などには耐えられないのが現実です。

 

このようなことがあると、施設賠償責任保険への加入ということも

検討するべきではないでしょうか。

次のブログまでにもう少しこの辺り、勉強しておきます。

 

台風後のご自宅や所有物件の点検、皆さんも一度行ってみましょう。

1+

孤独な熱中症

こんにちは。
賃貸管理部メンテナンスチームの荒井です。

8月に入り一段と暑さが増してきましたね
連日、熱中症関係のニュースが報道されてますね。
小・中学校ではプールに入っていても水温が高すぎて熱中症になる可能性があるということで
水泳の授業が中止になっているのだとか…
また、水に限らず部屋の中でも熱中症にかかる人が増えているらしいですよ

私の学生時代は「エアコンを使うと体力が落ちるから使うな」
と部活の顧問によく言われました。(現在で同じ事を言ったら大問題ですね。)
揚げ句の果てに「水は心肺機能が弱くなって、すぐバテるから飲むな。」とも言われてました。
エアコンを付けて欲しいと提案すると「今の若い者は…」で一喝されたものです(笑)

エアコンのない時代を過ごしている年代の方から見ると
エアコンは「贅沢品」というイメージが強いのかもしれません。

それが原因かは分かりませんが、高齢の方が室内で熱中症になってしまう事例が
爆発的に増えているそうです。

なぜ、熱中症が増えているのかというと、
単純に平均気温が上昇しているからです。

そこで、どれだけ上昇しているのか調べてみました。
最新の2018年7月の平均気温から比べてみたいと思います。

【現在】  2018年7月 28.3℃
【10年前】 2008年7月 27.0℃
【20年前】 1998年7月 25.3℃
【30年前】 1988年7月 22.4℃ IPCC設立 地球温暖化世界的に問題視
【40年前】 1978年7月 27.8℃ 高度経済成長期
【50年前】 1968年7月 24.7℃ 高度経済成長期 エアコンが一般家庭に普及
【60年前】 1958年7月 24.9℃ 高度経済成長期
【70年前】 1948年7月 26.0℃
【80年前】 1938年7月 25.0℃
【90年前】 1928年7月 23.4℃
【100年前】1918年7月 26.0℃

10年単位でみると波がありますが、確実に平均気温は上昇しています。

エアコンが無い生活を経験している世代の平均気温と比べると、3.4℃上昇しています。
今、一般的に推奨されているオフィスの温度が26℃で60年前の7月の平均気温は24.9℃。
現在のエアコンを付けた状態が、60年前の平均気温となります。
そう考えると、現在の気温に対して身の危険を感じませんか?
「今の若い者は…」で片付く問題でもなければ、「根性」で乗り切れる問題でもありません。

エアコンを上手に使って、熱中症を防いでいきたいですね☆

azarea

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
icon:cherryblossom 川越の賃貸物件をお探しの方は、管理会社 川木建設へ icon:cherryblossom

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

 

1+

入居者様の安全を守るため賃貸物件の設備点検・交換などをしています!

いつも元気なフセガワです。

今回は賃貸物件で交換した設備です。

なんだか分かりますか??

設備 賃貸

dsc_0413

 

エントランスドアの支えと開閉スピードの調整をしている

フロアヒンジです。

dsc_0423

 

経年的な劣化により交換しました。

dsc_0425

快適なエントランスドアに復旧しました。

 

さて続いては

dsc_0208

受水槽です。

汚れやコケでかなり黒ずんでいます。

 

dsc_0372

高圧洗浄をして、特殊な塗装をしました。

見栄えは新品そのものになりました。

 

azarea

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
icon:cherryblossom 川越の賃貸物件をお探しの方は、管理会社 川木建設へ icon:cherryblossom

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

1+
Page 1 of 7712345...102030...Last »