スタッフブログ
staff's weblog

神山貴寛の記事一覧

皆さんこんにちは。神山貴寛と申します。 入居者様の住環境の維持メンテナンスを担当させていただきます。 長く快適に、そして幸せに皆さんに暮らしていただけるよう頑張ります。 建物やお部屋、何かお困りの際はお気軽にお声がけくださいね!

退去精算あれこれ 

皆さんこんにちは。

夏休みもそろそろ終盤ですね。

私もお盆休み中に交代出勤していた関係で遅くに取得した夏休みが終わり

通常営業がスタートしています。

 

8月からは新メンバーが加入したこともあり、

退去精算についてイチから教えることになります。

ちょうど良い機会なので、退去精算あれこれについてお話します。

 

さて、皆さんは「退去精算(原状回復工事)」で入居者様がいくらくらい工事費を払っていると思われますか?

一番低い金額で、室内クリーニング費用のみというケースがあります。

お部屋の面積や部屋タイプによって異なりますが、3~6万円程度かかります。

極端な話、1年しか居住せずに退去したとしても、逆に10年居住した場合でもこの費用には変わりはありません。

その他、入居者様の故意・過失によって汚れたり傷つけたりしてしまった部分については

退去精算時にご請求対象となります。

 

私の取り扱った中では、今まさに手掛けている90万オーバーのものが最も高い金額です。

このケースでは室内に灯油をこぼして染みをつくってしまったためにフローリングの貼替が発生しました。

ここにも突っ込みどころがあるのですが、一般的に灯油を使用するような暖房器具は

契約上持ち込み不可のケースが多いです。直火とならない石油ファンヒーターは除外なんていうこともあります。

このケースでは他にも使用状況が悪かったためにクロスの貼替やCF(クッションフロア)の貼替、

大量の残置物処分などが重なってこのような状況になっています。

 

さてあなたならどちらが良いですか?

もちろん退去精算費用などというものは少ないに越したことはありません。

だからこそ賃貸住宅に住んでいる間、善管注意義務に配慮してできるだけキレイに使用するべきなんです。

 

得てして、こうした高額の原状回復費用を請求されるような入居者様は言います。

「なんでこんなに請求されなくちゃいけないの?」

善管注意義務に配慮せず、故意・過失ととられてしまうような損傷をお部屋に与えたからです。

お部屋はオーナー様から貸してもらっているものです。

キレイに使ってキレイに返す。当たり前のことですね。

 

ワンちゃんと一緒に暮らせるお部屋も中にはあります。

相手はワンちゃんですから、子供以上に聞き分けがなく、部屋に損傷を与えるようなこともあります。

ですがほとんどの入居者様(ワンちゃんの飼い主様)は、

わが子が起こした損傷なので快く退去精算に応じてくれます。

中にはこれとまるっきり逆のこともあります。

契約者様が親、入居者様が子供というケースで、

子供が退去した後に退去精算の内容に文句を言ってくる。こういうことも残念ながら時々起こります。

 

お盆休み中にも退去精算費用を未払いとなっているお宅へ何軒も訪問しました。

なぜかこうした人たちは迷惑そうに応対します。

こちらは押し売りでもないですし、正当な主張をしているにも関わらずです。

 

さてさて通常営業です。

退去精算にも数々のドラマがあります。

そのそれぞれに付き合って、きちんと対応していこうと思います。

 

1+

賃貸管理業ってホントに重要です 第70回小江戸塾へGO!

皆さんこんにちは!
私が賃貸管理部に移って丸一年が経過しました。
これまでも賃貸管理業の重要性を感じていて、お客様には都度お伝えしてきたつもりです。

さて、自身が賃貸管理業の真っただ中に一年いて、
今現在思うことをお伝えします。

賃貸管理業ってホンッッットに重要です!!

もちろんどんな賃貸管理でも良いというのではありません。
きちんとした賃貸管理をお願いしないと元も子もありませんね。

賃貸管理を自分自身で行うことには限界があります。
しっかりした賃貸管理業者があるのなら、そこにアウトソーシングしない手はありません。
私がもし賃貸物件を持っているとしたら必ず管理を依頼します。
本業が忙しくて手が回らないとか、それだけの理由ではありません。
弊社でも賃貸管理を受諾すると賃料の5%から10%(一括借上げの場合)をオーナー様からいただきます。
でも、それだけの価値は確実にあると思うからです。

この一年、私が体験してきたことのホンの一部を、
第70回小江戸塾でお話させていただきます。
あまりにもいろいろ経験できたので(笑)、それだけで小江戸塾のセミナーが開けそうですが
今回は2つだけお話します。

どこにも出していないヒントです。
キーワードは『突然の事故対応』『悪質入居者契約解除』の2点です。
どちらもオーナー様自身が処理するには重すぎる内容ですが、
だからこそ賃貸管理業者が活躍することができます。

第70回小江戸塾チラシはこちら。
70%e5%9b%9e%e5%b0%8f%e6%b1%9f%e6%88%b8%e5%a1%be

今回は民法改正などテーマも盛りだくさんです。
その頃には梅雨もあけていることでしょう。
皆さんのご予約・ご参加をお待ちしております。

2+

タンス預金にご注意

皆さんこんにちは。

だんだん暑くなってきましたね、梅雨を待たずに夏本番のような陽気が続きます。

体調管理に気を付けなくてはいけませんね

 

さて、先日とある賃貸物件に警察の方から捜査協力の依頼がありました。

別にその物件に悪者が巣食っているとか、そういうことではありません。

最近は防犯カメラを設置している物件も増えてきており、この物件にも防犯カメラが設置されていたのです。

近所で何か事件があった時、コンビニなどの商店はもちろんのこと、

賃貸物件などに設置されている防犯カメラにも、記録が残っているのではないかと考えるわけですね。

 

要するに防犯カメラの映像に、犯人や証拠となるものが残っていないかを確認させてほしいということです。

善良な一市民でもある私たちとしては協力には当然こたえるべきです。

 

防犯カメラの映像を確認しているあいだ、やはり少し時間がかかります。

その間に警察の方と情報交換のお話をしました。

 

ここから本題です。

『タンス預金』で検索された方はここから読んでくださいね。

 

空き巣などを常習とするグループ(もちろん個人もいる)には不思議な嗅覚があって、

空き巣に入った家・部屋の中で的確に価値のあるものを探し当てて盗んでいくそうです。

こういうことに当てはめたくはないけれど、まさにそれが経験則というものなのかもしれませんね。

 

相続の相談など受けていると「タンス預金」をしている方の話を結構聞きます。

銀行に預けたこともない、現金としてどこにも登録のない資産のことですね。

本当に箪笥(タンス)に入っているものとは限りませんが、俗にそう呼びます。

「タンス預金であれば、誰にも気づかれないわけだから、もし相続があったり贈与したような場合、

税金の対象とならないのでは?」

こういった質問を受けるわけです。

 

私が回答するのはいつもこうです。

「タンス預金は、親がタンス預金にしている時点では表に出ないお金かもしれませんが、

相続や贈与があって持ち主が変わった途端に、ほとんどの場合表に出てしまいます。」

「ローンの返済、車の購入、証券の購入、預金・・・、こうした形で『バレ』てしまった時、

結局のところ税金を納めなくてはならなくなるし、追徴課税の可能性もあります。」

「ですからタンス預金は避けましょう。最悪なのは、空き巣にあったり、オレオレ詐欺に引っかかったりして

本来残したかった相手に届かず、悪者の手に入ってしまうケースです。」

 

考えてもみてください。

虎の子のタンス預金がある日、空き巣に盗まれてしまう。

こんなに辛くて、憤りを感じることはなかなかありません。

 

というわけで、タンス預金にはご注意です。

 

私たち賃貸管理の仕事ができることは、物件に防犯カメラを設置してもらい、

犯罪の抑止効果を高めることくらいです。

防犯カメラがあったからといって、犯人が逮捕されて満額被害を返金してもらえるというものではありません。

だけど、一定の抑止効果は確実にありますし、万一の犯罪発生の際に犯人逮捕の一助となることはできます。

 

暑くなると、窓を開けたままにするお宅も増えるものです。

お互いに防犯意識を高めてまいりましょう。

2+
Page 1 of 41234